アメリカ住宅を日本に輸入する場合

アメリカ住宅はデザイン的にも日本の住宅とは違い洋風で洗練された雰囲気があり日本でも実際に輸入住宅として人気があると思います。ですがアメリカの住宅は一見非常に豪華に見えても使用されている建築材が日本の家屋のようにしっかりしたものではないという話を聞いたことがあります。

実際にアメリカの住居に足を踏み入れてみると外観とは裏腹にずいぶん安普請な壁、床という印象を持ちました。もちろんこだわりの注文住宅の場合は、建築材に関しても良い材質の木材を使っていることもあると思います。

ですが一般的な建売住宅ですと日本の方が建築材に関しては数段上という印象でした。これは日本のように梅雨の季節があったり湿度が異常に高いという厳しい気象条件ではない場所がアメリカでは多いので、特にカリフォルニアなどの家ではあまり耐久性のある材質を使うことにこだわりが無いのかもしれません。

アメリカの住宅を日本に輸入する場合には建築材を日本の厳しい気候向けにしたものを選んだ上でデザインだけを採用するというのが良いかもしれませんね。